大フィル 3大交響曲の夕べ

Daiphill_2もう夜遅いのでちょっとだけ…

今度はクラシック行ってきました。
大フィル『3大交響曲の夕べ』
であります。

曲目は
シューベルト 「未完成」
ベートーヴェン 「運命」
ドヴォルザーク 「新世界」
の3曲。

名曲たちをいっぺんに
堪能できるということで
張り切って
発売日にゲットしました☆

久しぶりの
クラシックコンサートでしたが
良かったですよ~~♪
新世界の3・4楽章は
たたみかけるかのような
盛り上がりで
非常にエキサイティングでした。

(ただ銀英の観すぎで
艦隊戦が目に浮かんでしまうのは
どうにかならんものか(^-^;)


アンコールのダニーボーイは
がらりと曲調が変わり
ゆったりとした旋律が美しく
気持ちよく会場を後にしました。
小林先生のお人柄が感じられる
穏やかなコメントにも心なごみました。



さて、明日11日は
映画「時をかける少女」が放送されますよ~~!
夜20時~日テレ系です!
今回は監督自ら手がけた編集版とのこと!
(単にカットされてるということでしょうか…!?)
あぁぁそういえばサマーウォーズ
またしても前売買ってしまったので
早く行かねば!!

| | コメント (0)

太王四神記Ver.Ⅱ!!

Taioushijinki_2最近宝塚ばっかりでスミマセンxx
今度はカード会社の貸切が
当たりまして、

宝塚星組公演
『太王四神記Ver.Ⅱ』

観てきました。
前回宙組~今回までの間に

蜷川とかも観てたりするんだけど
やっぱ歌があるのは
良いですヨネ!>硯さん

以下激しくネタばれなので
未見の方はご注意を!




個人的に大作運が悪く、
今回も1本ものと聞いて
少々心配していたのですが

結果は

面白かったです☆
なんといっても柚希礼音さんがすばらしい!
前からスター性は話に聞いてたけど
実際立ってるの観たら
大劇場のセンターの立ち位置がまったく違和感なかった。
これがお披露目とは思えないくらい
なんと言えばいいのか
劇場全体を支配するような圧倒的な存在感で
本当にびっくりしました。
自分的に一番と思っている鳳蘭さんと
同じ雰囲気を感じてしまった。どうしましょーう(。-`ω´-)ンー

更に歌がこれまた素晴らしいのですね(*゚ω゚*)
映像で観るのとは比較にならなかったです。
歌ってぐっと入り込んで歌うと
こんなに迫ってくるものなんだと痛感しました。
歌ていうか感情の塊を曲に乗せているという感じ。
聴いてて心がときめいてどうしようもなくなる。
「命かけて愛したその人の名は…キハ」
みたいな台詞(歌付き)にはすんごいぐっときた!
2回もリピートされたらたまらんですよ!
反則ですよ!泣けるわ~。・゚・(つД`)・゚・。

うちの母はヨン様のドラマ全部見たらしいのですが
私はあえてドラマ未見で観劇したので
(あらすじを解説したがる母上をスルーするのが大変でした)
最後どうなるのか本気でハラハラドキドキでした。
2幕途中の↑の場面(タムドクとキハが面会する場面)なんて
これで元に戻るのかな…!?(* ゚∀゚)
と期待してたらキハが「ホゲの子供です」とかなんとか言いだすし
ちょっとちょっと!!何言っちゃってんのーーー!?と
内心大絶叫ですよ(今回は結構絶叫してますた)(まったく予備知識なかったので)

あと主要人物でいうと、どこでどう道を踏み違えたのか
どんどん深みにはまっていくホゲが気の毒すぎ。
最初の方の好青年はどこへ行ったんだー
見る見るうちやさぐれキャラに(汗)
「俺はもう後戻りできないんだーー!!」
うーん確かにそこまで行ってしまったら
後戻りできそうにないですな…と
変に納得してしまいました(汗)
元はと言えばホゲ母が元凶でありますね。
男の友情に波風立てるのやめてほしいわ~(-公- ;)

タムドクとの殺陣は
長い槍が派手に動くのが迫力満点で見ごたえありました。
ホゲ死ぬとこが一番泣けた!。゚(゚ノД`゚)゚。
いろいろ教えてくれて…親切なやつめ…
「キハには指一本触れてない」が
なんだかとってもせつなかった。
家帰って母に、
「最後ファチョン会の矢が飛んできてさ~
と話すと
ドラマではヨン様自らの手にかかってやられる。
いいとこなしだよと教えられ
夢を壊されました(ホントにこんなお話なのですか母上~~っ)
←ホゲ調に読んでください
凰稀かなめさん休演かと言われていたけど
観られて嬉しかったです~とっても見目麗しい~綺麗~~lovely
眼福でした♪

前に観たのが正塚作品だったからか
舞台装置がフル稼働してるのが新鮮でしたね。
こんなに盆やらセリやら仕込んであったのか!て感じ(笑)
最後クレーンまで登場(初めてみました☆o☆)
さらにフォーメーションがぐるぐる変わる群舞が
どこから見ればいいのか迷うぐらい見所満載で楽しかったです。
演出次第でこんなに違うなんて…演出家ってすごいな~
1幕最後で神器がものすごい光っててちょとツボりましたsmile
(ヲタクにはビームサーベルにしか見えなかたよ)
ホゲが矢に当たって倒れる場面は唯一予習してあったのですが
油断した隙にに突然矢が出現してマジカルでした。


以上雑感でありました。
昔は星組よく観てたので
大柄で華やかなスターがそろった今の星組は
どこか懐かしかったですcatface

| | コメント (0)

ハゲタカ劇場版

Hagetaka暑い日が続く中
皆様いかが
お過ごしでしょうか
こんばんは
連日40度を越す室温の為(?)
PCがおかしくなり
再インストール
復活したばかりの管理人
べにょでございます(疲)

見事にHDD
すっからかんですよ(涙)
服の資料写真とか
壁紙とか
いっぱい集めてあったのに…
まあ復活できただけ
良しとしよう…

ところで昨日のこと
上映終了ギリギリでしたが
やっとこハゲタカ観に行ってきました!
なんじゃそりゃ~という展開もありましたが
なかなか面白かったです♪
やっぱりスーツのナヲさんは本当にカコ(゚∀゚*)イイ!
冒頭あんた誰的なもっさり感で登場しておきながら
帰国してスーツに着替えたら鷲津さん来たよコレ。
メガネとさすぺんだーがいいよネ!あれ大好きなんです~happy02
決めゼリフ「買い叩く!買い叩く!買い叩く!」
来た来た来た~!て感じ(笑)

玉鉄さんの劉がこれまたカコイイ!!(゚∀゚*)
大画面でアップになったら美形すぎて目が痛かった!
なんですかあの美しさは!ヽ(#゚Д゚)ノ
あのビジュアルで腕利きのファンドマネージャーとか
反則でしょー!?黒コート似合いすぎ!!

まあわしづさんにしても劉さんにしても
陰のある男は格好いいもんですな!
どいつもこいつも眉間にシワ寄せててニコリともしないしね~
でも一見ニヒルなんだけど
心のうちはそうでもないのですよ。そこがとってもイイ
わしづさんが大空電機(ドラマ参照)の話で携帯投げるとことか
ちらっと垣間見える人間性に惹かれるのです~
ロマンスも笑いもまったくと言っていいほどないのに
(唯一笑ってしまったのは↑の「買い叩く!」×3のとこ)
男のドラマだけでああも魅力的な話が作れるとは
やられました。
おぉーまたドラマのDVD観たくなってきた!

で、わしづファンドのおっさんたちが
これまた渋いのですよね~志賀さん嶋田さん
声がね!お二人ともなんて良い声なんだ…声フェチとしてはたまりませんな!
…はっ!?まさか側近は声で選んでるの!?(そんなわけない)
柴田さんもいい声ですしね☆ナヲさんの声は言わずもがな
映画館の音響で聞くとうっとりですよ~catface


て、これでは感想というより
独り言垂れ流しですな(汗)

作ってる途中で世界情勢が激変したから
話をかなり変えたというような話をきいたんですけども
そのせいか、ん?と思う展開が所々あったかな?
時勢に合わせてよく作ったなとは思いますが
作り変える前のお話も観てみたかったな~
DVDの初回特典とかで付かないでしょうかね(。・ω・。 )

| | コメント (0)

また行ってきた

P_roseいい加減
何か新しいのをと思って
描いてみたんだけど
ダンディーな男難しすぎる…!!
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


…はい、またもや宙組
『薔薇に降る雨』
『Amour それは…』
行ってまいりました。
たまたま
母の日スペシャル
ということで
席が抽選だったんですけども
M川嬢のゴッドハンドにより
16列目センター
(ホントにど真ん中)をゲットし
幸先の良い滑り出し。

で、前回に引き続き
しつこく感想を!
(興味ない方は
読み飛ばしてくださ~い)

まずは…訂正いたします…
ショーの方を。
なんだかこないだの
倍ぐらい良かった。
前回は正直中詰めくらいまで
半分寝てて
あまり記憶にないほど
だったのですが、
今回は幕開きから
キラキラに一気に引き込まれ
全然眠くならなかった!(褒めてます)

主題歌の「ア~ム~ル、ア~~ム~ル」結構イイ曲ですな!
6カラットのピンクのお衣装がかわいい!
七帆さんがすごい格好いい!
化粧映えしますね~辞めちゃうのホントもったいないよー!
岡田レビュー定番の場面(トリスタンとイゾルデ?)、
前見た時は大和さんのスカイブルーの衣装に違和感を感じたけど
今回は全然気にならなかったし、ラモーナもちゃんと覚えてる!
北翔さんの歌う「夢アモール」聴きほれました!

実は前日に母と妹が観に行ってまして
2人が出て行く前に
「ショーは眠いかもだからね~」て牽制しておいたところ
帰宅してから「ショーも良かったよ!?全然眠くなかったよ!」て
チョト怒られた…てか、帰宅する前から
まだ梅田あたりにいるのに電話がかかってきて
「むちゃくちゃ面白かったよ!良かったよ!!」て
なにやら大興奮大絶賛の模様。
久しぶりに宝塚行ったから
新鮮だったのかしら~?て思いながら
翌日自分も観に行ったら
↑のようなドキドキワクワクで。。
なんだったんだろう初回観に行った時のは…
とにかく岡田先生失礼致しました…っ!(土下座)

お芝居の方もやっぱり慣れてきたからか
すんなり入り込めて前よか1.5倍くらい良かった!
「裏切るつもりか?」のとこの演出が好きです。
肌色の服のダンスも諸説あるようですが
私はすごい好きデス。官能的な美しさというか…
綺麗でうっとりする。そして激しい感情が伝わってきてドキドキする。
本役の2人があれをやっちゃうとやりすぎな気がしますが
ダンス上手の影武者を使うというのはうまい手ですな~catface

| | コメント (0)

忘れる前に書いとく

P_poison_2いつもの独り言
観劇レビューです(笑)
大分前に観に行った分
あんまり経つと忘れそうなので…
イラスト楽しみして頂いてる方
スミマセン。。次は絵日記にするんで!bearing

さて、

宝塚宙組公演
「薔薇に降る雨」「Amour それは…」

観てきました。
大和悠河・陽月華のトップコンビ
サヨナラ公演です。
初日開けて2日目の公演だったので
お芝居は台詞回しなどまだ
あまりこなれていない印象を受けましたが
まずまず楽しめました。
↓以下若干ネタバレ含むかもなので
気をつけてください~

過去に恋愛関係にあった二人が再会
→速攻回想シーンに突入
しょっぱなからラブラブモード全開です。
脚本が正塚先生というのが強いんでしょうけど
いかにも男性が書いた脚本だなあというか
景子先生の「パラダイス・プリンス」に比べると
少女漫画のような夢夢しさのないアダルトなラブロマンス…
観ててチョト照れてしまいました。。
かなーり適当なあらすじですが↓
調査会社の社長をしているジャスティンは
過去恋愛関係にあった貴族令嬢イヴェットと再会、
イヴェットの父親である公爵の投機失敗について不明瞭な点があり
調査を依頼される…てなお話。

ジャスティンがとっても男っぽい!
大和さんは見た目線の細い綺麗系の男役なのに
こういう男っぽい役もできるのが不思議でした(褒めてます)
陽月さん演じるイヴェットは男共に負けない
凛とした強さが光ってました。
台詞回しが昭和時代の白黒映画の女優さんみたい。
ちょっと早口で、上品で、
今時の女の子にない落ち着いた雰囲気があって
とても綺麗でした。うっかり惚れてしまいそうだった。
グザヴィエて悠未さんまたこれ系の役ですか~似合ってるけど(笑)
出てきた瞬間「…トレビヤン!」が聞こえてきたよ(笑)<(c)レオン
ほくしょうさんの役はかわいい弟という感じなのですが
イマイチ陰が薄かったな…衣装もチョトxx
最初のタキシードで出てきて「姉さん!」て言ってる場面が好きです。
あと、美羽さんの最後の場面が良かった!
なりゆき的にそうなるだろうと思いながら観てたし
山場でもない場面なのにぐっときたので自分でも驚きました。
上手い芝居だなあと思いましたね~

雑感は大体以上のような感じですけども
トップコンビのサヨナラということで、
他の組子さんはあまり目立ってません。
途中ジャスティンが特許の話を暴いていくあたりは
やや性急な感じがしてうまく入り込めなかったのですが
ラストが素敵だったので良しです。
もう少し日にち経ってこなれてくればもっと良くなるかも。
全体的に衣装も地味めで、物語で見せるお芝居だったと思います。
宝塚のきらびやかな舞台を想像して観に行くと
違和感を感じそうですが、一緒に行った人(一般人)は
「リアルなラブストーリーって感じで今までで一番良かった」て
言っておりました。

さて、ショーの「Amourそれは…」。
岡田敬二作品好きなので結構期待して行ったのですが
私的には「???」でした(スミマセン)
正直「ラ・パッション」「ル・ポアゾン」「ナルシス・ノアール」作ったのと
同じ人の作品と思えなかった。。
「ル・ポアゾン」の出だしなんて衣装といい曲といい
私の中では神レビューなのですが…どうした岡田!?

スカステ入ってる方は
5/5 20:00- ラ・パッション
5/5 21:00- ナルシス・ノアール と続けて放送あるので
よろしければチェキしてみてください!
ナルシス・ノアールもOPすごい好きなのです~紫系で神秘的!
毬藻えりさんが美しいです!

思いきり脱線したので戻~るdown
で、「Amour~」なのですけども
盛り上がりにかけるというかなんだか全体的に印象に残らなかったです。
出だしの衣装も周りが綺麗なパステルカラーなのに
なんでセンターの人たちだけ原色??なんでその色??
トップコンビの歌がアレだって言われるけど
前のダンシング・フォー・ユーは気になりませんでしたよ?
良かったのは蘭とむさんの銀橋ソロとロケットくらいかな…
ほくしょうさん歌うまかったのは覚えてるけど何歌ってたか覚えてない(汗)
主題歌も「あ~む~る あ~む~る」しか覚えてない。。
この前見た星の「ア ビヤント」の方が良かったです…
岡田敬二&吉崎憲治コンビお気に入り登録してたのですが
最近ちょっと違うのかな。。

かなり酷評してますが、あくまでも私の好みってだけなので
もちろん「良かった!」て思う方もいらっしゃると思います。。
実際見ていただくのが一番かと。
私もまた行く予定なので
今度はもっとしっかり観てこようと思います。


またしても目が痛くなるような長文で申し訳ない。。
全然関係ないのですが
こないだWebうろうろしてて目を引いた記事が


「奇跡の歌姫」世界を席巻=オーディション番組の47歳女性-英
で、この記事の「歌姫」の動画がこれ(日本語字幕付)
なんだかドラマのようなお話ですな。

>硯さんスミマセン間違ってました曲名は「夢やぶれて」でしたっ
   全然違っててすまんス!
bearing

| | コメント (4)

先に

更新のお知らせ→絵記

Yahoo!動画で全話放送してます。
3/27まででもうすぐ終わっちゃうのですが
結構良いのでよろしければ☆
OPはフィギュア好きの方なら
これは…!と思われる選曲です(笑)

…と思ったら前半の公開は今日で終わるみたい…
なんてことだ~27日までだと思って頑張って描いたのに…!!crying
…OPだけでも…よくできてるのでよろしければ…( ´;ω;`)



さてそういたしましたらいよいよ
書く書くと言ってきた
中日ベルばらと北翔海莉さんのお話を!happy02shine
一応うちはイラスト系ヲタクサイトで
閲覧者層とかなーりズレてそうですが
すみません興味ない方は読み飛ばしてください
私が書きたいだけなので(汗)
(お詫びに描きかけの中日ベルばらとかφ(・ω・ )


では、2月19日 宝塚宙組
「外伝 ベルサイユのばら」

「ダンシング・フォー・ユー」 @中日劇場 感想です~
(ページの都合によりベルばらだけ…人( ̄ω ̄;) スビバセン)


まあ外伝だから当たり前ではあるのですが
宝塚版ベルばら本伝とはまったく違う話なので、
初めてご覧になる方が、

いわゆる「宝塚のベルばら」がこれだ!
と思って観てしまうとまずいような…(汗)

突っ込みどころは多々あるんですけども、
とにかく
おばあちゃんがこれでもかというほど出てくる(笑)
そして今までのベルばらで
聞いたこともないようなエピソードが
次々出てくる(汗)
ブイエ将軍がいい人っぽく登場するけど
見方によっては変態親父のようでう~ん。。
(「将軍様」て呼び方もう~ん。。)

一樹千尋さんは好きなのですが…!箙かおるさんも…!!
このお二人が出演されているのは嬉しかった
v
平成ベルばらのベルナールとプロバンス伯爵大好きでした!!

凪七オスカルは顔小さい頭身高い細い足長い
まるでマネキンのようなルックス(褒めてます)で
度肝を抜かれました☆o☆顔もかわいいし
酒場のシーンの白いお衣装なんて超似合ってるの!
難を言えばかわいすぎて何か強さがないというか
少し印象が薄かったかなxx
役替わりのもう一方、早霧さんは
ベルナール役で一瞬しか出てこなかったけど
男っぽくてとっても格好良かったです
v
早霧オスカルも観たかった…
歌は思ったより弱かったんだけど(ゴメンナサイ!bearing)
姿がすごくきれいで、きっと
芯の強い私的オスカルのイメージに
ぴったりだったろうなあと思いました。

お目当てのほくしょうさんは
幕開きの後なかなか登場しなくてもう
一生出てこないんじゃないかと思うくらいでした(笑)
衛兵隊のシーン確かに熱くてぐっときた!
アランカコイイ!軍服黒髪イイ!!(>ω<)
歌はさすがですがチョト声枯れてたかな?
笑顔が素晴らしかった
ダンスも良かった
とにかく感じいい。
割と引きこもりなので会とか入るのは無理ですが
物陰からコッソリ応援いたしますよー!オゥ!|д´*)ノ

大和さんの熱演も素晴らしかったです。
「…好きだ…!」とかタメの効いた
絞りだすような台詞が(・∀・)イイ!
革命の群舞のシーンが結構あっさりしてたので
最後に何か台詞あったら
よかったかも。
「フランス…ばん…ざい」的な(↑の言い方で)
最後の最後まで昼ドラのような展開あり
ムム…これはちょっとなあ…(汗)て感じだったのですが
最後のシーンがね!
衣装もセットも大和さんも
ハッとするくらいそれはそれは綺麗だったのです!!!
思わずうっとり…→終演
狐につままれたようでしたが
こんな化かされかたならオケーデスよcatface

| | コメント (0)

ムフ♪(* ̄ω ̄)v

130324022009今度は星組の
「My dear New Orleans」
「ア ビヤント」
行ってまいりました。


トップ以下
退団者の多い公演ということで
お芝居・ショー共に
サヨナラ色がとても濃かったです。
チケット難であきらめかけていたころに
コーナン様の貸切公演がヒット!

あぁぁぁありがとうございますーーー!
また真砂土買いに行きますっ!!!



さて早速感想を。

お芝居は…んー
筋自体は割と平凡なのですが
スターさんの演技が上手くって
途中ぐっとくるシーンがいくつもありました。

なんと言っても安蘭さんのジョイが
ホントにかっこいい男なのですよ!
「好きだ」とか「愛してる」とか
宝塚では聞きなれた台詞なんだけど
嘘くさく聞こえないんです。
最後の方のあすかちゃんとのやり取りなんかもう
格好良すぎてやばい。
あすかちゃんも、ジョイとパトロンとの間で葛藤する気持ちが
すっごく伝わってきてぐっと来ました。
「…言えなかった…!」ていう台詞(うろ覚え)が泣けた!

前評判が超傑作!てわけでもなかったのに
結構引き込まれて観てしまいました。
なんか得したような気がする(笑)

ショーの「ア
ビヤント」は
とにかく衣装がとってもかわいい!
紫ボーダーのインに変わり燕尾!
娘役さんのスカートもふわふわしてほんとにかわいい!
最初に出てくる礼音くんの妖精っぽい衣装もかわいい!

カンカンのピンクの衣装もラブリー!
もうずっと「わあ~かわいい~♪」て言ってました(笑)

こちらも全体にサヨナラ色の濃い構成でした。
よくあるトップ→次期トップへのバトンタッチ
みたいな演出は分かっててもぐっときますね~
あと、これいいなあて思ったのは
最後に安蘭さんが1度大階段を上って行った後
ファンっぽいあすかちゃんが追っかけてきて
「間に合わなかった…orz」てなってると
スターが戻ってくる…場面。
綺麗にお話がつながっててよかった。

礼音くんのダンスはやっぱり抜群に素晴らしかったです。
芝居の時は、そんじょそこらの男なんて吹き
飛ばせそうな
骨太な男前っぷりなのに
ショーではしなやかな素晴らしいダンス。
登場したらずっとそっちばっかり見てました。
(早く資料そろえてショーヴラン描きたい…)

退団者の方は結構見せ場を貰えてたので
和さんと麻尋さんは認識できました。
2人とも綺麗だし歌も上手なのにもったいなーい!
と同行のお友達と残念がりながら帰りました。




ショーが特に楽しかったので
この興奮さめやらぬうちに…!と
書き始めたのですが
…疲労と眠気で文章が空中分解しかけております。。すみません
「あまりよく分からんが楽しかったんだな…」と
斜め読みして頂ければ…幸いですでは
おやすみなさい(ガクリ)



本当はショーのあのかわいいお衣装を
描きたかったのですよ…!!

挿絵に至る前に力尽きました無念であります。

しかもベルばらと北翔さんの話がまたいずこかへ消えました(汗)
閑話休題次回こそ(略)

| | コメント (0)

WBC

局のお友達と191124022009
京セラドームで開催された
World Baseball Classic
強化試合
日本 対 オーストラリア
を観にいってきました。

1塁側(日本サイド)の
なかなか良い席で
キャッチャーが
ボールを受ける時の
バシッという音まで聞こえ
臨場感たっぷり。

いろいろな
ポジションの選手を
試行的に使っているのか
有名な選手が
入れ替わり出てくるので
なんだか得した気分でした。
楽天の岩隈選手は
TVだと華奢そうな印象だったのですが
ダルと交代に出てきたら
思ってたよりずっと大柄でがっしりしてて
びっくりしました。
イチローはやっぱり足が速かった(笑)


次回
再びベルばらと北翔さんの話に戻ります~!

| | コメント (3)

昨日の続き

234320022009_2やっぱりこんなオチでした…
すみません

宝塚宙組公演
「外伝ベルサイユのばら(アンドレ編)」
「ダンシング・フォー・ユー」です。

宙組トップの
大和悠河・陽月華コンビの
プレサヨナラ公演なのですが
中日劇場でしか上演されないらしい。
距離的にも微妙に近いので
江戸とか行くのに比べたら
そんなにお金もかからないし…

ということで、

思い切って行ってきました!


いきさつを語ると
若干長くなるんですけども、
わたくし、去年まで宙組の公演を
観たことがなかったのです。
スカステも、加入してはいるのですが
どちらかというと
昔の作品を観ることが多くて、
最近のスターさんは
あまりよく分からなかったんですよね。。

ところが昨年のこと、偶然
宙組の「パラダイス・プリンス」というお芝居の
チケットを譲って頂きまして、
何の気なしに観に行ってみたところ、
3ヵ月後には
にゃごやへ行ってしまうような事態に…(汗)

普段舞台を観る時は
キャストとあらすじ位は予習してから行くのですが、
この時は結構急にチケットを頂いたので
予習する間がありませんでした。
大和さん・陽月さん・蘭とむさんだけ知ってたけど
実際観に行ってみたら
ビジュアルが綺麗すぎて焦ったcoldsweats02
顔小さい!足長い!!一体何頭身あるの!?
最近のスターさんは美しすぎですよアワワヮ~っ(@Д@;
てなってたら突然。


すごいテンションの
変なオタク(?)みたいな人が出てきて
矢庭にトウモロコシを配り始めたかと思うと
「やまとしょうけん~!」とか
言うじゃありませんか
(○和証券の貸切の日ですた)

もうまさに(なんじゃこりゃー!?)て感じ。
なになになにーー!?何この人!?
なんかよくわからんけどものすごい目立ってる!
前述のお三方とのギャップが…!!(@Д@;

しかし麗しの宝塚でここまでやれるのはある意味すごいxx
アドリブすべっても何気にうまくフォローしてるし…芝居の人かな?
それにしても滑舌良くてホント声がよく通るなぁ
台詞聞き取りやすい…でもこの役で路線は考えにくいしなあ…
もったいない歌もうまいのに…

と思ってたら
ショーで蘭とむさんの前に羽背負って出てこられました。
え?3番手の人だったの…!?(←遅)


てな感じ。これが北翔海莉さんとの出会いでした。



肝心のベルばらの話が全くないまま
次回に続く…!

| | コメント (2)

東宝エリザ

232710012009_2絵があまりにも進まないので
現実逃避的に行ってまいりました。
エリザベート』です。

主要キャストが
ほとんどWキャストになっていて
組み合わせが
毎日変わるのです。

トート:山口祐一郎閣下
シシィ:涼風さん
ゾフィ:寿ひずるさん

で観たかったので
この組み合わせの日を狙って
チケットを取ったのですが、
なんと5列目センター
(今公演では3列目まで
オケピになっているので実質2列目)
というなかなかの良席でした。
もう役者さんたちがすんごい近いんです!
マイク通さない声が聞こえるし
メガネなしでも良く見える!
これは感動でした~shine


それにしても
山口閣下はほんとに歌がうまーい!
圧倒されました…
あんまり動かない(笑)けど
出てきた時の存在感がすごいよ~
人間じゃないみたい。大魔神みたいでした
(硯さんの言ってたことがよく分かりました・笑)

涼風さんは宝塚時代から歌上手だったけど
相変わらず上手でした☆
プロモーション映像で見たときは
少しやつれてる?と思ったのですが
舞台で見たらとっても綺麗で
全然そんなことなかったです。

寿ひずるさんのゾフィは
期待通りドスが効いてて迫力ありました!
私、寿さんの声が大好きなので
(彷徨のレクイエムとかしびれます)
間近で聴けて嬉しかったな~♪

あとルドルフの浦井さんがとっても格好良かった!
顔ちっちゃーい!背高ーい!☆o☆
最後黒天使に翻弄されながら(?)踊るシーン
すごい迫力でした!
小ルドルフ(←幼少の時の)の子役さんが
これまたとってもかわいいのですが
カーテンコールの時に
大人ルドルフが小ルドルフの後ろに付き添って

一緒に手を振ってたのがとても好印象で
和みましたcatface


…さて、今度こそ色塗りします!しますとも!!

| | コメント (2)