« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

「いささか遠まわりしたような気がしますが

これからそれをとりもどしたいものです。」
(↑意味不明な方は銀河英雄伝説という小説の2巻をどうぞ)



本日はとうとうこれを買ってきました。
070109_1


HDD+DVDレコーダーー!!


実を申しますと恥ずかしながら(?)
我が家には昨日までDVDレコーダーがありませんでした。
もともとあまりTVを見ない我が家は
普通にVHSのビデオデッキで十分用が足りていたので
ビデオが壊れたらDVD買えばいいかな~と
漠然と思っていたのですね。


しかし事態が急転したのは昨年末のこと。
BSで5日間くらいかけて宝塚の舞台中継がありまして
某様から録画依頼を受けた受けかけたのですが


べにょ「じゃ、ビデオ録っときますね~」
某様  「え?DVDじゃないの!?じゃあいいよ!」



何ぃぃーーー!?Σ(゚д゚lll)ガ--ン!!!


うそー!?みんなもうDVD持ってるの!?
そんな馬鹿な…まだビデオでしょ?えええーー??


と半信半疑で休憩室とか食堂とか、挙句の果てに
たまたまエレベーターで乗り合わせた別の課の方にまで(痛)
自宅にDVD持ってるかリサーチして回ったところ、
なんと


所有率100%。.・ili・. _| ̄|○ ガクリ


これまでPCでもAV機器でも割と
流行には追いついてるつもりだったのに
いつの間にか時代はDVDに…!?
これはまずい。このままでは乗り遅れる…!!
(などと言いつつ未だに地デジ?何それ?状態なのですが)
とにかく一刻も早くTVでもDVDを観られるようにせねば…!
ちょうど正月商戦で家電は安くなりそうだし
この機を逃してなるものか!!


と、
一応


年賀状と格闘しながらもずっと
買いに行こうと思ってたんですけど


今日行ったら正月商戦終わってた…(昨日まででした)
でもいいんですよ!買ったから!あとはつなぐだけだから!!
(o^-')b グッ!
(しばらく箱のまま放置されてそうな大変嫌な予感が…)

| | コメント (4)

初詣

年末から8連勤でした。
年末とか年始とかこの職種にはないも同然…
てか、ない。
近年メールで年始の挨拶に代える方が
増えてきているとは言っても
依然年賀状は健在であります。

わたくしはと言いますと、いつも通り
今年も年賀状乗り遅れたので(痛)
か…寒中見舞いとか…描けるかな……


さて表題の初詣ですが、昨晩のこと。
やっとこ連勤が終わってひと段落ついたので
離れて暮らしている西宮の祖母に電話したのです。
私と犬を除く家族は一足先に年始の挨拶に行き
しっかりカニ鍋を囲んで帰ってきたのですけども

私だけが年賀状に囲まれて
ご挨拶に伺えなかったのですね…
それでもういい加減何かコンタクトを取らないと
失礼すぎるだろうと。やばいだろうと。
そのようなわけで帰宅してすぐ電話をしたところ
挨拶だけではつまらないので
一緒にどこか(初詣にでも)行かないかという話になりまして。

じゃあどこへ行こうか?となった時思わず

「生田神社!!」と即答しかけたのですが
(乗せられやすくてスミマセン)(実は結構本気なんですが・汗)(今年こそは…!)
祖母が京都へ行きたいということだったので
前から目をつけてた(何に)
伏見稲荷に決定いたしました。
↓この鳥居が見たかったのですよ!

070105

ね?ね?すっごいでしょ!?

この鳥居がずーっと続くんですよ~
この写真だと見えないですけど
向こう側から来ると鳥居の一本一本に
奉納した企業とか個人の名前が入っているんです。
ホントに壮観でした。行って良かった!

願い事をしながら持ち上げて、軽く感じると願いがかなうという
「おもかる石」も持ち上げてきましたよ~

普通に重いのですが(涙)


帰りはお土産の生八つ橋買って
バーゲンハシゴして帰りました(笑)
今度行ったらすずめかうずらにチャレンジですかな(汗)
↑焼き鳥が名物だそうです

| | コメント (4)

あけましておめでとうございます☆

2007年でございますね~
明けましておめでとうございます!

逓信省所属になってから毎年恒例なんですけど
この年末もいつも通り忙しかった…
毎日ひたすら配達証めくって
お歳暮の生もの片っ端から電話して
(生牡蠣生魚生エビが常温でやってきたのにはびびりましたよ)
もうもうあの小包の量と言ったら…何事か!!?

今やっとこ年賀がひと段落して一息ついてるところです。
最近年賀状全然出せてないから今年こそはと思ったのですが
やっぱり無理だった(げふ)
しばらく季節はずれのクリスマス絵が
トップに居座ってるかと思いますが
あんまり気にしないで下さい…(汗)

では今年もよろしくお願いいたします!!!

| | コメント (5)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »