« 2005年10月 | トップページ | 2006年5月 »

。+・゚☆゚*・。(づω-*)つ【☆オヤスミ☆】。+・゚☆゚*・。

Korokoro060430忠犬コロコロ(→)

総統コロのパパさまに写真おねだりしたら
送ってくださいました~
あああありがとうございます総統パパさま!!
即アプ!速攻でアプ!!
散髪されたそうです。そういやなんだかすっきりしてる☆
やっぱり柴はよいなあ~大好きですよ柴。
賢いしご主人思い!やっぱりご主人に似たんでしょうね!
(ケンイチ新刊出ましたね総統…?w)


てなネタ振りで本日も飽き足らず
犬の話に突入いたしますよ~
前回までのあらすじ!

最近エコロジストな上司に触発され
自宅の庭に秘密の花園「べにょ農園(仮)」を開拓した
べにょであったが、
その前途は多難であった。
庭の隅で犬視眈眈と目を光らせる、

忠実なる種掘り犬・マメ公の存在である。
記念すべき第一作目・昼咲月見草は
芽を出す間もなく
無残にも掘り返された。
果たしてこの地に花の種の芽吹く日は来るのか。
犬 対 人。 静かなる闘いが今、始まる…!


劇画調に解説するとこんな感じ。
あれ以降どうなったかといいますと…


柵を買ってくるまでの間
植木鉢に種を蒔いておこうと思い、
7~8号くらいの陶器の植木鉢に土を入れて
念のため地面に埋めこみました

その日のうちに鉢ごと引っこ抜かれ
中の土もそこら中に撒き散らされ
あまつさえ植木鉢を頭にかぶったまま
庭中走り回られました(滅)


これはもう柵をつけて
絶対進入できないようにするほか手はない!と思い
ホームセンターへ行って柵を2つ購入し
庭の一区画をがっつり隔離。
これで一安心…と思ったのもつかの間
なんと

折角作った柵を
ジョークラッシュで突き破り畑に侵入、
撒いてあった油粕をなめまくった挙句
再びプランターの土を掘り返し
Soramame060430
プチトマトとコスモス全滅。


そのあと何度目の正直か、
杭をがんがん打って柵を補強し
やっとこマメを締め出しました。
今はヒマワリを栽培中です~
双葉が出ただけでめちゃめちゃ感激してます(笑)
ここのところ土とか種買いに
何度もホームセンター行ったけど、
どこもたくさん車止まってて大盛況なんですよね~
びっくりしつつも
「ああ、やっぱり人は土から離れては生きられないのね…」
とヲタク的に納得してしまう今日この頃です。


あ、GW思ったよりたくさん休み頂いてたので
サイト久しぶりにいじれたらいいなあと思います。
気がつけば一回りしてもう夏近いのか…
(タイトルの顔文字はなんかかわいかったので使ってみましたよ)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

種蒔く人 種掘る犬

近頃うえ様が緑化活動に精を出しているそうなので
私も負けじ!と、
このところ休日を利用して
荒地状態になっていた庭の一角を開墾し
土を入れ肥料を加え種をまき
秘密の花壇を作るべく
こそこそと動き回っていたのですが
実はこの計画、母上には「絶対ムダよっ!!!」と
強行に反対されておりました。
何故かと申しますと


(エリザベス)マメ(コ)の存在であります。

以前から母は
我が家の庭にいろいろな植物を植えようと
試みてきたきたらしいのですが
どれもこれも植えた瞬間犬に掘り返され
曰く


「そらちゃんがいる限り、うちの庭には何も植えられないのよ!」

大丈夫、柵つけてあいつを締め出すからさ~
と言うと


「ムダ。芽が出た瞬間やられるわ。あの犬新芽が大好きだから。」

…鹿かい(汗)


そうこう言いつつも
激しい反対の声を押し切り
とりあえず土まで完成させたのですが
翌日…



やられた…
Soramame0421



柵買ってキマス…

| | コメント (11) | トラックバック (0)

大国町乗換えならまかせろ!

インテ行く時の定番コースなので(↑タイトル)


夕方から肥後橋のフェスティバルホールで
大阪国際フェスティバルのディアギレフ・プロを観てきました。
演目は

「牧神の午後」
「薔薇の精」
「ペトルーシュカ」

の3つです。
バレエについては、
劇場に足を運ぶほど熱心なファンではないのですが

<TVで興味のあるダンサー&演目が出てればチェックするくらい
フィギュアつながりで
ずっと
ニジンスキーが気になってたところに
今回は彼絡みの作品をまとめて観られるということだったので
思い切って行ってきました。

バレエは台詞がないから
私みたいなのでも理解できるかなあ…
と内心不安だったんですけども、
(実は恐ろしくて事前に予習してしまった・笑)
思ったよりすっと理解できました。
「薔薇の精」が美しくてうっとり。
男性が踊ると力強くて色気があって
女性の美しさとまた違った魅力がありますね。
「牧神」は振付も音楽もかなり緩慢で
前に一度TVで見た時は正直ちょと退屈だったのですが
やっぱ生で観ると違うなあ!
TVと違ってカメラが固定されないから
自分の好きなダンサーだけひたすら観てられますし。
フィギュアでもそうなんだけど
スポーツとかお芝居観てる時に

「そこでなんで足に行くの!全身映してよ!!」とか
「スピン真上から撮ってもしょうがないでしょ!?
  はあ!?しかもこの上カメラ引いてくのーー!!?」とか

カメラワークに対するストレスって結構ないですか??
その点自分の目と耳で直に楽しめるというのは
すごく良いことだなあと改めて感じました☆

余談ですが
出発直前にチケットの裏見たら

「ご来場の際は国際フェスティバルにふさわしい装い
  お願いいたします。」

と書かれていて若干動揺し、
まあこういうとこ行く時に
ある程度ちゃんとした格好して行くのは
当たり前なんだろうね!と速攻納得して
念のため普段ほとんど着ない
オシャレブラウスとベロアのスーツ着て行ったら


みんな普通の格好だった…(笑)


本日の一言
「備えあれば憂いなし」

エリザベス・マメコ記念写真館
Soramame0417_1_1 Soramame0417_2_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

エリザベス

Q:これは何の写真でしょうか?
Soramame0414_1

答えはのちほど。


本日はそらまめの誕生日でした。

そう言えばしばらくお休みしている間に
彼の身に災難が!

…脱腸で手術ですよ。

あるお休みの日、庭でそらまめが昼寝していたので
父親が新しく開発した"しっぽぜめ"という技を試してみようとしたら
なにかお尻の部分が片方だけぽっこり出てるのですね。
触ったらぷよぷよしていて、どうかなこれは…
そういや母が「そらちゃん最近便通が悪いのよ!!」とか言ってたし
これは一応フナキ(※1)のとこに連れてった方がいいよね!
と暴れまくるそらまめを車に乗っけて
フナキのところへ行ったのです。
(※1:獣医さん。全然違う名前なのに
舟木一夫さんに似てるがためにフナキとよばれている)

そしたら診た瞬間、

「脱腸やな!」

決定。

ほどなく手術することとなり
1泊2日ののちに帰ってきた時には
このような状態になっておりました。
冒頭の写真の回答↓
Soramame0414_2

前から見るとこんな感じ。
Soramame0414_3

この間エリザベス・マメコと呼ばれてました。
(エリザベスカラー付けてるから)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お引越し

P_graduation 大変お久しぶりな…幽霊管理人
べにょございます(汗)
ああ…こうやって日記触るの
めちゃめちゃ久しぶり…
もはや懐かしさすら覚える(殴)
数えると、
じゅう・じゅういち・じゅうに…半年も!
ご無沙汰してたのですか…?(訊くな)

実は毎度毎度代わり映えしない言い訳で
我ながら情けなく申し訳ないのですが
公私共にいろいろと
余裕のない状態になってまして

年末年始はお歳暮&年賀状が飛び交い
年明けからは大学受験関係書類が飛び交い
やっと落ち着いたかと思えば
3今年に限って月に介護保険証が飛び交い

ただでさえ冬の私の部屋は
家族がケーキを置きにくるほどの寒さ(←冷蔵庫代わり)

HTMLエディタには相変わらず翻弄されまくり


あと半分くらいあるんだけどこの辺で割愛(笑)

これだけ更新適当なサイトにもかかわらず
覗いてくださってる方いらっしゃって
本当にありがたく思います。ありがとうございますm(_ _)m
学生の頃みたいに頻繁に更新はできないですけど
絵を描くことはは変わらず好きなので
ぽつぽつとでも更新していきたいです。

**

この超低速更新の一因となっているのが
HTMLエディタだったので
思い切ってブログにお引越ししてみました。
半年で8割増 の1人に入ってしまったよ…
何かちょっと悔しい気もしますが(笑)
これで日記だけは更新スピード上げられるといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2006年5月 »